カードローンは、持っているカードの枚数によって、実は落とされてしまうことがあります。持っているカードが多すぎると、それだけ利用するのではないかと考えられてしまい、審査に落ちる可能性を高めてしまうことになります。1枚目であれば全く問題の無い状態となっていますが、2枚目以降になると徐々に審査基準が厳しくなっていて、さらに利用することが難しくなることもあります。

やはり契約している会社が多くなっていると、そのカードを利用して返済できなくなり、自分のカードを利用しているときに返済されないままになるのではないかと考えられてしまうからです。カードローンの契約をするときは、なるべく多くのカードを持っていないほうがいいです。これはクレジットカードでも同じことですが、枚数が多くなっていて、なお且つ利用しているカードが多く存在していると、かなり審査基準が厳しくなります。

持っているカードローンの枚数は減らしておかなければならず、持っている枚数があまりにも多くなってくると、申し込みをするだけで落とされてしまうことがあります。安心して利用したいなら、持っているカードの枚数を減らしたり、完済して借りていない状態を作ってください。