キャッシングの利用者の中で、意外と多いのが主婦の方です。生活費を工面するためにキャッシングを利用することが多いようですが、会社によっては主婦の方は申し込み自体を断られる場合もあります。

その大きな理由としては「仕事をしていない」ことにあります。専業主婦も立派な“職業”ではあるのですが、キャッシング会社にとっては無職としてみなされることがほとんどです。ですから、何かしらの収入を得ていない限りは審査で不利になるのは仕方のないことです。

では、主婦の方は絶対にキャッシングを利用できないのかというと、そんなことはありません。旦那さんのお給料がしっかり支払われている状態であれば、専業主婦の方であっても求人の申し込みができます。

その際に必要になるのが、旦那さんの収入の金額を証明するための書類です。源泉徴収票などがそれに当たりますが、主婦の方が会社に連絡をして発行してもらうというのは、個人情報などの観点からできないことがほとんどです。

ですから、キャッシングを利用したい場合には旦那さんに相談をして、源泉徴収票を発行してもらえるように働きかけをする必要があります。

また、キャッシングの申し込みをしても良いという承諾を旦那さんがすることによって、問題なく利用ができるようになります。