お金を借りる方法はいろいろありますが、カードローンを使うのも手ですね。ところでカードローンを利用する時には保証人は必要なのでしょうか。ここで説明します。

・保証人は基本的には必要ないが カードローンの審査で保証人を求められるという事は融資を希望している人の信用情報がもう一つだからです。つまりは信用が足りないという事になります。カードローンというのは個人の信用が唯一の担保になるのですから、保証人が必要になるケースはあまり多くはありません。また同じカードローンでも個人事業者向けのカードローンや学生や主婦がカードローンを申し込んた時には、保証人を付ける事を催促される可能性が高いです。

 でも保証人を付けるのは嫌だという人もいますね。そんな人にお勧めのカードローン会社があります。一般的には慎重に審査する銀行の方が、審査が早い消費者金融よりも保証人を付けてほしいと要求してくる可能性は上がります。

 個人に対しての小口融資に強くて審査のスピードも速いカードローン会社となると、アコムやプロミス、モビット、レイク、アイフルなどになります。このような会社なら個人融資のノウハウが充実しているところが多く、保証人をつけてくれ、と要求される可能性は低いでしょう。カードローン使用にあたり保証人を付けるのに抵抗があるなら、ここに挙げたようなカードローン会社に狙いを定めましょう。