生活している中で多くのローンが存在しますが、カードローンは、クレジットカードでお金を借りてローンを組む事を言います。

基本的にカードローンの契約として、カード会員とカード会社の二社間契約です。カードローンは設定された利用可能額範囲内で、1万円単位の金銭の借り入れが出来て、支払いはリボ方式です。

カードローンを利用するメリットとしては、連帯保証人なしで融資が受ける事が出来て、借入金の使途を問われないという事です。

低金利から一定期間無利息まで、幅広いカードローンサービスがあるので、しっかり選ぶ事が可能です。デメリットとしては、利便性が高い事から多重債務に陥ってしまう事が良くあります。それは、自分のお金だと勘違いしてしまい、限度額に達すると不自由さを感じてしまうので、新たなカードを作ってしまう事があります。

カードローンを使用する際には、メリットとデメリットを考える必要があります。

キャッシングとカードローンの違いとしては、キャッシングは、クレジットカード会社が発行するカードのことです。

カードローンは、銀行や消費者金融会社などの金融機関が発行するカードで、違いを理解する事も必要です。

カードローンはとても便利なものですが、計画的に利用する事が肝要です。